和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

おっさんになるということ

どうも。

今日は、おっさんについてです。


f:id:tannyday:20170701205723p:plain


そりゃ、若いといわれるけれども、
おっさん、が射程圏内にはいった。
20代なかば。


数年前なら、
いや、関係ないしw
みたいな笑えたけど。

危機感がかわってくる。
おっさんになったからといって、
なにが変わるというわけではないけど、


若いからできた甘えのようなものを、
捨てないといけないいうこと、
世間がゆるしてくれないということ、

そして、
今、自分がおっさんに投げかけているような、
冷ややかな目線を受けるということ。

自分がおじさんになるという
事実を受け入れられないんですね笑



で、今、こうなりたくない像があります。
逆にすれば、理想像でもありますが。

・年上であること、立場に甘えないこと

というのはですね、
自分のいやだなって思う「おじさん」は、
パワハラ、セクハラというか、
相手がいうことを聞いているのを、
自分の権限に甘えていて、

一人の人間として、付き合えてもらっていないことに、気づいてないんですね。

そうなりたくない。
と強く思うわけです。


・自分の経験に甘えないこと

というのはですね、
自分のいやだなって思う「おじさん」は、
あっ、テンプレっぽいですか笑

向上心がないんですよ。
それまでの経験に甘えて、
もちろん、それは尊重します。

けど、相手にこうすべきというのは求めるけど、

自分に何か改善すべき課題に挑戦しているようにはみえないんですね。



だから、僕は年をとっても、

立場として指示はするけど、
一人の人間と付き合いたいわけです。

経験だけに甘えないで、
向上心を持ち続けたいわけです。

そういうおじさんとは、
話していても楽しいし、
学びも多いから、
お互いにまた会いたいなぁって、
思うんですよね。



今はそんなところかな。
説教しないとか、服に気を使うとかも、
候補にあがるけど、必須ではないかな。


今日はそんなところです。
それでは