和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

アップル製品を着々とそろえてきた歴史

どうも。

 

iPhone iPad MacBook iPod

 

ついに4つも揃えてしまいました。

あとApple Watchを揃えれば完璧だと思います。

 

大した話ではないですが、一人の人間が少しずつアップル製品に買い換えていくプロセスとしてのサンプルとして見ていただければとおもいます。

 

 3年位前までは、2014年ごろまでは、アップル製品を使う人に対しては、ひがみというか、やたらとツッコミを入れるタイプ人間だったのですが、いつの間にか自分が全部持ってるような人間になってしまいました。

 

ええ。

 

そんなに揃えるつもりがなくて、順番としてはiPod manoを、大学一年生の時、2010年に、買いました。その時はまだ、アップル製品とはいえども、インターネット接続というのは存在しませんでした。

 

iPhone 3G が出ていましたが、当時主流だった赤外線通信ができないので、なんか使いにくいマニアックな製品くらいの印象でした。

 

だが、世界はあっという間に変わってしまうのでした。2010年から2012年の間にiPhoneは持ってない方がなんとなく遅れているという雰囲気になっていたのでした。

 

次に買ったのは、iPad Airでした。2014年に買いました。当時は、iPadがそれなりに流行っていて、なんとなくスタイリッシュでかっこいい空気がありました。

それで、もう1つ位Apple製品を持っていてもいいかなと思ったので、パソコンが壊れたのでその代替機として、iPad Airを買いました。

 

その当時は、みんなiPhoneをつかいはじめた時期でしたけれども、僕はずっと頑なに、Androidを使い続けてました。

 

私用としては、Androidでしたけれども、実はえー、社用携帯で iPhone 5を使っていました。その頃は、今のような形の、Apple製品を触るのが初めてだったので、けっこう使い方に苦労しました。

 

Apple ID 一つを設定するのにさえ、けっこうな苦労をしました。なので、その頃から、Android系統とApple製品の、両方使える人間であったほうがいいなぁと思うようになりました。

 

その次に、MacBookを買いました。2015年のことでした。斜にかまえて、MacBookをスタバで使っている人たちを見て、結構馬鹿にしていました。

 

でも、みんながアップル製品を使っているのにはそれなりの理由があるがわかって、その時期ぐらいから、アップル製品を使う人を批判するのはやめるようになりました。

 

その後、ドバイに転勤になって、iPhone 6を使っていました。その時、言語設定を英語にして、やってました。たまに使い方がわからなくて困っていましたが、英語に慣れていこうというスタンスでがんばっておりました。

 

そして今、iPhone 7 Plus を使っています。その少し前に、13,000円位の端末を使っていましたが、めちゃめちゃ使いにくかったです。

 

やはり、スマホのスペックというのは生活において重要だなというふうに思いました。

Facebookなどアプリ開くのに時間がかかるし、アプリの入れられる容量も限られるし、もうそれはもう大変でした。

 

そんなこんながあって、スマホはいいものを使おうと言う結論になり、100,000円位するiPhone 7plusを買うことになったのでした。

 

それでは

 

そんなアップル製品との長々とした僕の付き合いでした。