和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

好奇心と無関心のバイオリズム

どうも。

しばらくぶりです。



関心の波



僕には、外への関心の波がありまして、
具体的にいうと、
他人や世の中に対する関心の波ですね。

誰かが結婚したとか、転勤しただとか、
ニュースとか、流行りとか、


そういう関心の波が、
最近、
あらゆるものに対して無関心だったのです。
そういうときは、自分の世界に閉じこもります。

それでそういうときは、
自分はどうしているかというと、
今まで、おもしろかったものを消費してます。



前もおもしろかったものは面白いけども、



ハチミツとクローバーや、
オードリーの漫才や、
パワプロやったり、
プロ野球のニュースやまとめ掲示板をみたり、

世の中の流れや友人の近況に心が動かない分、慣れたものをたのしみます。




そういう2、3ヶ月ごとにくる関心と無関心の、周期のようなものが、僕にはあります。

 

その無関心ループ、鎖国状態も、
だんだんと慣れたおもしろものにも飽きてきて、

 

「なんかたのしいことないかな」

 

という気持ちになってくるんですね。

そうなってくると、
新しいことはじめようという気になってきます。

 

気持ちが新たになると、


今の僕です。
冬眠していた好奇心が目を覚ました、
という感じですかね。

・「夜は短し歩けよ乙女」みたい
・新しい服がほしい
・初対面の人と会いたい
・知らないところにいってみたい

とかそういう気持ちがわいてきました。


そういうサイクルがあるので、
どうしても、ミーハーさが足りないというか、なかなか新しいモノ、情報についていけないところがあります。


こういう人間としてクセみたいなのは、
好奇心と無関心のサイクルとうか、
バイオリズム的なものは、

僕だけなのか、
だれにでもあることなのか、
ってけっこう気になります。


それでは