和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

一日のなかで、最低と最高の気分を味わった


早朝、ラジオ体操、中崎町、わしはベットの上で、ネットサーフィング

どうも。
本日は、大阪は中崎町からお届けしております。

昨日、お昼ごろ、
せっかく和歌山から二時間半かけて、梅田まできたのに、
ずいぶんとネガティブな気持ちになりました。

さみしさとか、
これからの人生どうしよとか、
憂鬱な気分になりました。
数時間くらい笑

たぶん原因は、
お腹が空いたとか、
服を薄着にしたから寒いからとか、
あとは、睡眠不足も追加で。


そういうものが満たされたら、
たいがい悩まなくなります。
僕の場合。
単純ですね。

あとは、ひまを持て余すと人は、ネガティブになるようです。
若林正恭いわく。

 

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 


あれですよ、
偉い先生の話じゃなくて、
オードリーの若林ですよ笑
けっこう、芸能人エッセイ読むの好きです。
この本、なかなか自己啓発的でおもしろいですよ。


数時間ネガティブな状態が続いたのですが、
友人たちとあって、
酒を飲んで、
すんごい楽しくなって、

憂鬱なんてふきとんでしまいましたね。
人生わからないですね笑


気心を知れた人はなして、
自分をしっかり出すと、
心のつっかえのようなものが
取れて、自分を表現することにも積極的になるんだなと思いました。

なので、今日は、二つ目の投稿しております。

ええ。

ネガティブな気持ちって、ふりかえると大した話ではないんですけど、ネガティブにネガティブを重ねるような悪循環になってて、ほんとつらいですよね。何なんでしょう。

でも、心のなかで、何かが引っかかってるときって、なかなか引っかかってることに気づかない。それで、どう対策すればいいかわからなくなるんですよね。

でも、対策なんて本当はどうでもよくて、吐き出せば終わったり、そこからいろいろ見えてきたり、意外にすんなり行動できたりするんですよね。

あれ何なんでしょう。

では、今日はそんなところで
それでは