ビジネス系の情報を遠ざけてみた

どうも。

まとまった話ではありません。

メディアでいうと、
Newpickとか、
IT mediaとか、
ブルームバーグとか、

内容でいうと、
Googleやら、Amazonがなんたらとか、
AIの普及がどうのこうのとか、
ビットコインがどうのこうのとか、
IoTがどうのこうとか、

その内容を受けて、
業界が変わってしまうとか、
なくなる仕事が出てくるとか、
私たちの生活が激変するとか、


そういう情報についていくのが、
すこししんどくなりました。

しんどくなった理由は、
時代についていかなくちゃとか、
このままじゃ自分やばいんじゃないかとか、
常に、生きることにすごい焦りを感じていたからです。


なので、そういう情報を意識的にさけてみました。
三か月ほど。

感想としては、
穏やかに落ち着いて暮らせるようになりました。

そんなエリートでも、
すごいIT 企業で働いているわけではないので、
世界が変わったあとにちゃんと生きればいいなと思いました。

日本だと、ビジネス的な変化はやはり、
東京から、人やサービスもどんどん変わっていく。
けれども、その変化が、和歌山みたいな田舎には訪れるのは遅い。
場合によっては、普及しないこともある。

みんながやっているから、やれば、
ふつうの生活者としてはそれで事がたります。


ただ、ビジネスのトレンドを、
避けつづけるのは危ういと思いました。

たとえば、
今、勤めている会社は、
インターネットはつながっていますが、電子化があんまりされていません。


紙ベースで、仕事をし、
仕事のやり取りは、電話やファックスが中心的で、
ずいぶんと世界観が違うなと思います。

みなさん、これが常識でやっていたので、
これが当たり前。
また、仕事の進み方もどこかゆったり落ち着いてます。

 
それは、それでいいと思います。
今まで、山のような仕事量で、
せかせか働いてたころよりは。

 

 ただ、ずっとこのままで行く事ができるとは、思えないです。


そういった意味でまた、ビジネス系の情報も
多少は入れていきたいと思います。

それでは