読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

僕は仕事を中心には生きられない

どうも。

 

中学の同級生の母親と働き、
父親の大学の同級生の夫と働き、(ちょっとややこしい)

仕事おわりに、図書館によって、
小学校の同級生に受付をしてもらう。

 

そんなせまい世界でいきています。
合言葉は、「世間はせまいねぇ〜」

 

はい。


この二か月ほど無職でした。
ひますぎて、何かをしたくて、
活動的なことをしてました。

 

いわゆる、自由業に近い感覚で働きました。
それを通じて、
僕は改めて、働くことを中心に生きるのはご遠慮したいと思いました。

 

 

働くことを中心に生きると

 

というのは、
自分の気持ち次第で、
早朝だろうと、深夜だろうと、
和歌山にいようと、アメリカにいようと、

仕事ができてしまうからです。


いつでも、どこでも、
電波があれば、
パソコンを開いて対応ができます。

 
そういえば、
ドバイにいた頃も、
退職を決めるまでは、

本当に朝から晩まで、
ご飯と寝るときは以外は
働いていましたね。


仕事を中心にいきると、
お酒を飲むのも、
休日を過ごすのも、

「これ以上やると、仕事に響くからやめておこう」

と何かと消極的になっていました。

 

 

 ストレスへの耐性が強くない

 

そして、個人的なことなのですが、
ストレスに弱いんです。

こういうのは、人との比較での、
なんとなく実感でしかないですが、
人よりストレスに敏感だと思います。


仕事とプライベートがあいまいになると、
仕事のあれもこれもと気になって仕方ない。

メールやメッセージの返信の抜けはないかな、
アリーさん、ちゃんと明日時間通り来てくれるかな、
ボブは、昨日頼んだ書類作ってくれてるかな、

とお腹が痛くなる。
不安要素が満載。
仕事を中心に生きる器じゃないと思いました。

 

仕事のストレスや不安が続くと、
生きているのがつらくなるし、
やっぱり楽しくいきたいので、


仕事とプライベートが、
しっかりと分けられる仕事の方がいいな。


就活生のアピールみたいな文章になりましたね。

 

 

新しい軸をさがしてます

 

この3年くらいで、
仕事を軸に生きるのは向いてないとはわかったのですが、

じゃあ、どう仕事に折り合いをつけて、
どう生きていきたいのか、
という新たな課題が見つかりましたね。

これからは、ゆったりと生きて……
でも、その間にグローバルの激しい変化に対応できなくなるかもね。
そんな不安も少なからず、アルカトラズ。

しばらくは、仕事の外に軸を置いている生き方と、
つきあっていきたいです。

それでは