読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

解凍されてしまったボディーブロー

どうも。

久しぶりに会った友人などから、
ブログ読んでいるとのお声をいただきます。
こんなブログでも、少なからず、、、いやそれだと多い。
少なくとも、いる。

うれしいことですな。
はい。

3連休でした。
ただの娯楽としての旅行でした。
大学の同級生と。

レンタカーを走らせながら、
各々の近況をはなすわけですよ。

やっぱり話題は、
いや、私が過剰に意識している節はありますが、


20代も後半をむかえたので、
交際、同性、結婚、出産。
人生の門出のオンパレードでございます。

大学生の頃とはちがい、
すき、きらいという単純なだけではなく、
今後の人生プランも考えた、
係数や変数の多い議論が展開されるわけでございます。


一番、衝撃的だったのは、
大学のときに、だいぶ恋愛対象として長い間お世話になった女性が結婚することになったという知らせでした。


驚きとして、衝撃はないのだけれど、
心理的衝撃が大きかった。

回りくどく言いましたが、
ショックをうけました。
すこし落ちこみました。


一昨日にその知らせをきいたのですが、
ボディーブローのように精神的ダメージを与えます。
(※ボディーブローは受けたことはありませんのであくま例えです)


片想いをした相手の、
その後の人生についてなんて、
気にする義務・権利・必要・筋合いなんてないのですが、
こうやってなんだか落ち込んでしまう自分が情けないですね。

こういう系統の思い出は、
すっかり忘れて生きていくというよりは、
冷凍保存やふたをしておいて、
頭にのぼってこないようにしているだけなんだなあ、
と思いました。


思い出は、おそろしい。
たまに、苦いの気持ちを解凍して味わうのもわるくないですね。



それでは