NOUKA NO MUSUKO

どうも。

農家してきました。

おじいちゃん家の畑で、
はっさくをつくっています。

f:id:tannyday:20170205205423j:plain


和歌山は、はっさくの生産量が日本一です。(ドヤッ)
でも、一年ではっさく食べる機会って、
そんなないような笑


この日した作業は、
出荷のための仕分け作業です。

二つの基準があります。
 
まずは、大きさ。
大きさで選別していきます。

うちでは、
Mサイズの穴より大きいものだけが出荷対象。

f:id:tannyday:20170205205856j:plain

 
そして、
サイズの小さいもの、(ジュースになります)
傷がついているもの、(ジュースになります)
腐っているもの、(捨てられます)

を取り除きます。

f:id:tannyday:20170205205923p:plain

 


そうやって、選別したものを並べると、

f:id:tannyday:20170205210829j:plain


コンテナ、90箱ほどに。
 
個数にすると、
だいたいこんな感じです。

収穫量:6000コ

出荷用:5400コ
ジュース用:500コ
廃棄:100コ
 
なんとなく聞いた話だと、
出荷用は、一個30円にもならないようです。

そんで、ジュース用はコンテナ1個で100円くらいです。


だいたい売上を計算すると、
 
出荷用:108,000 円(1個20円で計算)
ジュース用:800円

なので、11万円くらいです。
なんたる微々たる収入です。


畑を放置するのも、もったないので、つくってます。

自分が農家だったことに驚きでした。
三代目 NOUKA NO MUSUKO

おじいちゃん家では、ほかにも、
ばあちゃんがやってるだけど、
ネギ、キャベツ、白菜、大根をつくってます。

農家って他人ごとだったのですが、
むしろ、農家の側でした笑


ゆくゆくは自分がやるとなると、
いろいろと考えさせられました。

そんな零細兼業農家の、実態でした。
それでは