読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

地方にUターンした20代若者の恋愛事始め

どうも。

 

クリスマスでした。

 

二十代なかばということで、

恋愛もいよいよ、現実味をおびてくる年頃になりました。

 

会社の同僚とかが、まぁ来年結婚するんだとかいう話になるとなんだか、とても、もやもやします。

 

 

「そっかぁ、そうだよな、そんな年だよなぁ」

 

と、少し、さみしくなります。すこーしだからね。

 

そこまで悲観的じゃないからね。焦ってないからね。

 

ほんとだからね(笑)

 

いや、墓穴を掘ってる感、漂ってますね。

 

墓穴をほろうよ、ホトトギス

 

はい。

 


出会うための選択肢

 

 

さて、そんな私のような、地方にUターンした若者にはどんな選択肢があるのでしょうか?

 

検討いたしました。

選択肢は、5つあります。

 

 

①お見合いをする
②職場でみつける
③地元の同級生と思い出したように仲良くなる
④合コン、街コンに参加する
⑤婚活アプリやマッチングアプリに登録

 

 
うむ。

こんなところですかね。
今日のネタは、⑤です。


 pairsとかいうマッチングのアプリに登録してみました。

 

love-hacks.jp

 

去年の今ごろは、それって出会い系じゃない?

みたいな懐疑的な意見が多かったです。

 

Pairsは、定着した感もあり、独り身だし登録してみました。

 

実際、いくつかの友人は、アプリを通じて、出会って、交際に発展した人もいます。


なので、そんなに抵抗ないですね。


 

試してみるとおもしろくて、

 

とりあえず登録したみた女性もいれば、(ウソかも?)


職業柄出会いが少ない女性もいれば、(看護師や保育士)


ガチで結婚したい女性もいれば、(ひしひしと伝わる)

という感じです。

 

それで、
自分はいったい、
いつ頃結婚したいんだろうなとか、
どういう人と付き合ってみたいんだろうなとか、
そもそも結婚する必要があるのかなとか、

 

いろいろ考えさせられます。

 

そして、こういう交際関係というのは、
残念ながら、ボランティアとかではないので、
人間として露骨になるというか、リアルな話になります。

 


なんとなくかけてしまうフィルター



たとえば、フィルターその1。


年齢。


というのは、

25歳なので、 30歳以上はなぁと思ってしまうんですよねぇ。
自分が28歳だったらもう少し状況は変わってくるのですが。


じゃあ、年下は、となると、
20歳は、「ちょっと、うーん」ってなります。


22〜28歳の、前後3歳くらいかなぁ。

女子がよくやる、
「もし、あたしが30歳までに結婚して、出産するとしたら」

を、拙者も考えてしまうのですね。
「子供ほしいかわからんな」って昔は言ってたくせに、直面すると男ってやつは、どうしようもないですね。


男性諸君いかがでしょう?

 


そして、フィルターその2。
 

 学歴。


拙者は、大学の偏差値でいうと、60くらいありました。


ということもあり、できれば学歴は高い方がいいなと思います。
高卒だからどうのこうの、とかではなくて、可能性として、話が合わない確率が高いんですよね。


うまく説明できないんですけど、
趣味とか、お金の使い方とか、そういう価値観が違う可能性が高いんですね。

同じくらいの学歴でも、価値観が違う人間なんて、いくらでもいますけど、
同じくらいの学歴だと、価値観が合う可能性は、高いです。


まっ可能性の問題ですけど。
別に、絶対ではないです。


結婚は妥協とか、夫婦であることを続ける努力が必要って、逃げ恥でも言ってたでしょ笑

が、ある程度意識してしまいます。

 

 

 

それにしても、結婚や子供をつくるのは、責任が重いですよね。
付き合ってしまえば、人というのは変わるので、勢いでいけることもありますし。

 

わかりませんね、こればっかりは。


再来年とかに、ハワイで挙式をしている自分もいるかもしれません。
……ないか。


そこは置いといて、とりあえず相手を見つけんことには何もはじまりませんが。

それでは

 

その後については、

 

 

wakayama.guchiwo.com

 

 

wakayama.guchiwo.com