和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

影響を受けたモノ 1

日本人の同僚氏から、
「影響を受けた人は誰ですか?」
と聞かれたのですが、

うまく答えることができなかったので、
よくブログを読んでいただいているそうなので、この場をお借りしてお答えいたします(笑)

両親とか、学校の先生とか、会社の先輩とか、
そういうのは、ここでは置いといて、
世の中に、著作や映像が流通している人間を中心に、ご紹介したいと思います。


ネガティブに考えたり、
自分のことが嫌いだったりしたのを、

無理やり、矯正して、

まあなんとでもなるやろ、塞翁が馬観や
自分のことが比較的好き、自己肯定感を

自分の性格にねじ込みました。

前置きが長くなりましたが。
ご紹介いたします。

◆ビジネス
ホリエモン(堀江貴文氏)

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

www.youtube.com

 
 
ジョブズ

www.youtube.com



人生を肯定させたり、
意識を高める王道ですね。

 

瀧本哲史さん

 

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

 

 

 

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

 

 

資本主義というか、
ビジネスに対する
世界観に影響を受けてますね。


これから起こる未来については、
人というより本ですが、

 

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

  • 作者: 英『エコノミスト』編集部,船橋洋一,東江一紀,峯村利哉
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 104回
  • この商品を含むブログ (32件) を見る
 

 

 

2052 今後40年のグローバル予測

2052 今後40年のグローバル予測

 

 

以上のものに影響を受けてますね。




◆思考の仕方 

自分の頭で考えたり、
自分の意見を持てるようになりたいと思ったので、以下の本を読んだりしました。

 
こちらも王道、
大前研一氏

 

考える技術 (講談社文庫)

考える技術 (講談社文庫)

 

 


ちきりん女史
結局、「氏」をつかう方がいいのかしら。
「女史」の方がいいのかしら。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 

 

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

コンサル出身者というか、
マッキンゼー出身者の影響ハンパないですね。
 
 
 
◆生きる意味
 
人生って、とっても素晴らしい見たい感じじゃなくて、こんな自分だけど、自分なりにしっかり生きていくしかないみたいな価値観に共感することが多いですね。
 
上田紀行氏

 

生きる意味 (岩波新書)

生きる意味 (岩波新書)

 

 

 
村上春樹


 

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

 

 

そんなところです。
影響を受けたモノ 2
お楽しみに。
それでは