読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

引っ越しは、人生の転換期

どうも。

引っ越しすることになりました。


これで、ここ4年で、4回目です。
毎年してます。

で、まあ、身辺整理をはじめるわけですね。

シャツは最近着てないから捨てようとか、ネクタイは黒歴史を思い出すから捨てようとか、パンツは捨てて買い替えようとか、

自分の過去とじっくり向き合うんですね。
これがけっこう楽しい。

自分のどういう過去を捨てたくて、
これからどうやって生きたいのか、
っていうのが見えてくるんですね。

全部捨てて、ゼロからやり直そうとか、
こういう自分は捨てて、その分、ああいうところで、新しい自分になりたいなとか。



どうなりたいんだろうね

 

そして、「これからどうしたいんだろうな」と思うんです。

3年弱はたらいてみて、思うのは、

仕事を通じて、
あれがやりたい、これがやりたいという、
自己実現的な、野心的な人間じゃないなっていう確信を得ました。

自分がやるべきこと、自分が必要とされているところに近づいてもいいんじゃないかなって思いました。

やるべきこととの折り合いをつけながら、やりたいこともやるみたいなスタンスでいいんじゃないかなって思ってるんです。


自分がやるべきこと、
自分ができること、
自分がやりたいこと、

それらをすり合わせるというか、
それらのバランスをとるというか、


どういうことかというと、


こういう感じのものを、

f:id:tannyday:20161202215957j:plain



こういう感じにするっていうイメージです。

f:id:tannyday:20161202214847j:plain



そんで、
僕は、やるべきことややりたいことを、自分のできることに無理矢理、あるいは、うまく合わせているのかもしれないと最近思います。

 

まぁ、運がいいだけかもしれませんが。

どうなりたいんでしょうね。
それは、具体的にはおいおいお話しさせていただきます。

これからは、やりたいことが中心というより、
自分が必要とされるところにいって、そこで起きる面倒くささとか、責任を受け容れて、生きていこうかなというスタンスですね。


ご参考までに、プロのおっしゃる記事も載せときます。

仕事が不満で仕事を変えても、「やりたい仕事」に出会えない。その理由と対策は、「やりたいこと」「やるべきこと」「できること」をわけて考えるとわかる:永井孝尚の写真ブログ:オルタナティブ・ブログ



そんなところです。
今日はこのへんで
さようなら