疲れた状態で「疲れること」について書く

エジプト出張から帰ってきました。

とにかく疲れました。

昼はイベントの準備、
夜はお酒を飲んで、
フル回転でした。

f:id:tannyday:20161129021518p:plain



こういう疲れ切ったときは、
頭もさえていないし、
体も疲れているので、

こういう疲れ切ったときには文章は書きたくないですが、

今回は、あえて書いています。 

 

誤字、脱字が多くなりますね。
あとは、文脈が飛躍します。
お付き合いください。


さて。
 


「疲れるの好きですか?」

f:id:tannyday:20161129025551p:plain

 

疲れるのが好きかどうか、
なかなか、ない質問ですね。
 
僕にとっては、


頭がうまく回らないし、
つまずいたりするし、
ネガティブになったり、
性格のわるさが出てくるし笑

いいことないです。

っていう全否定スタンスで入ろうとしたのですが、

考えてみると、
スポーツをして体を疲れさせるのが気持ちいい人もいるので、

疲れの程度による。
疲れの種類による。

みたいなとても、曖昧な結論が出てきそうですね。

 


まあ、僕はきらいだけどね…


僕はきらいです。
仕事がつらくなるからです。
仕事が好きすぎて、愛しすぎて、言っているのではなくて、

やっぱり仕事が生活の時間を占めていて、
疲れながら仕事をすると、

作業は遅いし、
ミスは多いし、
性格のわるさは出るし(2回目)

とても気分がわるいんです。


だから、疲れは、できるだけ早くとりたいんです。


まあ、個人差はありますが、
旅行とか、刺激の多いことをすると、

その次の週は疲れたまま生きることになります。

 

それで、週末をできるだけ休みに当てて、やっと本調子に戻るという感じです。

 


「疲れ」にすら光を見いだす、ポジティブシンキング

f:id:tannyday:20161129025838p:plain



まあ、その一方で、

身体的にも、精神的にも、普段とは違った状態なので、
考えることも、普段と違ったりするのが、けっこうおもしろかったりします。

ネガティブになる一方で、
妙にハイになったりするので、
1日のなかで、いろんな状態を楽しめます。

 

あるいは、思考がすこしおかしくなっているからこそ生まれるアイデアもあります。

ひらめきが降りてきます。


そういう意味では、
もう少し、積極的に疲れにいくのも、わるくないかなと思いました。
疲れることをすると、往々にして、なにがしか自分に刺激があるので。


でも、かぜをひくまでいくとしんどいんだよな。
かぜをひいたら、ひいたで、普段の自分と違うので、おもしろいと感じる部分もあるんですけどね笑


ほらほら、疲れにも、メリットがあるんですよ。
という無理矢理なポジションシンキングでした、


今日は、そんなところです。
それではそれでは