和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

コミュ障が立ち向かう現実


社会の荒波に飲み込まれて、2年半。
こう結論付けざるを得ない。
 
コミュ障‼︎
 
f:id:tannyday:20161116201055p:plain
 
 
……認めたくない‼︎
 
3代目、コミュ翔太郎襲名‼
 

f:id:tannyday:20161116221728p:plain

 
そうです。

冷静
おとなしい、おっとり、マイペース、
口下手、話下手、
何を考えているかわからない、
無表情、無関心、
コミュ障

そんなイメージを持たれています。

友人の前では、そこまで深刻でないときもあります。

ですが、コミュニケーション能力は、
とても低いなと思われているだろうし、
とても低いなと自覚しています。


以下のような症状です。
 
 
 
  • 話すのが遅い
  • ロジカルに話せない
  • しかも、よく噛む

  • 頭の回転が遅い
  • なので、相手の言ったことを飲み込むのが遅い
  • だから、会話テンポについていけない

  • 感情表現が苦手
  • 世間話が苦手
  • 冗談が言えない

  • 聞き取れなくてほぼ聞き返す
  • 3回目以降、聞き返すと失礼なので、聞こえた単語で内容を推測
  • 聞いたことをすぐ忘れる
 

ほら、あなたの周りにもいるでしょう。

あるいは、
おめでとう、君は僕の仲間だ(笑)

 

話せない

f:id:tannyday:20161116203301j:plain

 
 
会話をする上で、
話すことを用意しておかないと、自分でも何を話したいのか、わからなくなりがちです。
 
電話をしても、会話のテンポだと、意図や内容を理解しきれないこともあるし、
 
打合せだと、要件以外のことを話すと非常にぎこちないんですね。上手な営業みたいに雑談をして、会話を広げていこうとしても、なかなか難しい。

仕事というのは、結局、人間関係なので、
信頼関係を築くとか、苦労してます。
その代わり、挨拶とありがとうは、頑張ってますが。
 

 

聞き取れない

f:id:tannyday:20161116203325j:plain

 
聞くことも苦手。

居酒屋、バーとか大音量がかかっているところだと、人の声が全く聞こえないことがある。
 
なので、4人を越えてくると、会話をすることをあきらめることもある。
 
読唇術を身に付ける必要がありますね(笑)

聞き取れない。
これは、日本語でも。
文脈がわからないと、脳みそが追いつかない。認識ができない。

なので、さっきも書いたけど、
聞こえる単語で、話を推測してます。
文脈を推測力は高いかも?

だけど、ジョーク、冗談は、
文脈から外れるので、聞きとれず、
みんなが笑っているから、笑っとくみたいな。
 
もう、耳だけは生まれたときからご老人なんだと思います。父親もこんな感じなので、たぶん遺伝でしょう。


 



どう生きていくか

f:id:tannyday:20161116222908j:plain


 以上のような、コミュニケーション能力の低さをカバーできるように、いろんな対策はとっています。

ロジカルに話せないから、話す内容を準備しておくとか、

電話や口頭ベースで指示をもらったら、忘れないように、絶対にメモを残して、内容を整理して、メールで入れとくとか、

雑談は……修行中です。
 
聞き取るのは、先天的な能力の問題で、けっこうどうしようもない。

こんなんでも、最低限はできるから、生きてはいける。ただ、最低限なことしかできないなって感じです。
 

そういうわけで、
私のようなコミュ障が生きていくのは、なかなか大変なことだなあ、と思います。
でも、まあ、生きていくためにやっていくしかないな、って感じです。

自分を変えていったり、立ち向かうルールを変えたりして、現実に立ち向かっていきます。

メールベース、テキストベースで仕事する方が得意なので、下記の記事のような考え方が広まるうれしいな。
 
 



それでは