和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

ルーティンとの付き合い方

どうも。


元気ですか?

私は、まあ、ぼちぼち。

ここ1週間は、解決すべきことがあったのですが、自分の力ではうまくいかないこともあり、疲れていて、ネガティブになったり、食欲がありませんでした。そして、やる気も出ないという感じでした。

解決はしたので、ちゃんと食べて、寝て、そのうち戻りますけど、「弱った状態」です。こういうときは、よい日を過ごすのはむずかしいですね。


それでも、毎日やっていかなくてはなりません。

仕事についてもそうですが、今日は、日課、ルーティンについてです。
自分に課したルーティン、義務との付き合い方について。

仕事だったら、義務感でこなせるけど、ルーティンは自分の意志でやってるから、自分にやらせる状態に持っていくことにすごく苦労します。


f:id:tannyday:20161116160259p:plain


僕のルーティンとしては、

イラストレーターとフォトショップの勉強

Netflixで洋画、海外ドラマをみる

・筋トレをする

・ブログを書く

 

これらが、ルーティンになっています。


ただ、「弱った状態」の時に、
ルーティンがやらなきゃ、となると
ただでさえ、弱っているのに、精神的負担がふえるんですよね。


それで、心の葛藤が生じます。


「やりたくないのに、続けても意味がない」

「やると決めたことは、最後までやりぬけ」

「弱っている状態」のときは、前者に心が傾きます。
それで、筋トレをサボろうとしたり、ブログもう続けなくていいんじゃない、と弱い自分が出てきます。

その一方で、強い自分が出てきて、弱い自分と妥協しようとします。

 

 

f:id:tannyday:20161116162155p:plain




フォトショップの勉強なら、オンライン授業を受けなくてもよいので、教科書をすこし開いて読んで頂けないでしょうか。

洋画なら5分でよいので、見て頂けないでしょうか。

筋トレなら、腕立て伏せは、本日は、20回でよいので、して頂けないでしょうか。

そんなふうに交渉します。

で、共通しているのは、継続しておくこと。
とにかく、続けること。
これがほんと、ほんとに大事だなと思います。


経験則です。
続けないと、再開をする壁が高くなって、ほんとに消えてなくなってしまいますから。

 

それでも本当にやめたいなら、期限、目標を設定する。
例えば、12月までフォトショップの勉強を続けて、やりたくなくて、教科書を開くだけの状態が続くなら、辞めるとか。

本当にやりたくないことを続けても意味もないし、時間の無駄だし、自分を怠惰だなあと、苦しめることになりますから。

そんな感じで、継続は力なりおじさんをやってます。

また、今の状況が変わって、ルーティンも変わっていくだろうけど、今はそんなふうに生きています。

 

何もしないダラダラした生活もいいけど、まあ1週間もあれば、なにもしないことが苦痛になってくる人間なので、自分に課題を与え続けるって感じですね。

それでは