星野源という男

とても気になる。

 

去年の紅白で、「なんだか、とてもJ-POPらしい、J-POPを歌うなあ」という印象しかありませんでした。あるいは、「20代女性になんだか人気があるな」くらいな印象でした。


今年、観ているドラマの、「真田丸」「逃げるは恥だが役に立つ」出ていました。
彼は俳優もやるのですね。歌手から俳優へ、マルチタレントコースね。
福山雅治みたいな売り方なのかしら、と妙に勘ぐったりしてました。

妙に、気になる芸能人である。
今日、ついに著書を購入。

books.rakuten.co.jp


 

塩系の顔、草食っぽさが、時代に求められているのかしら。

時の人みたいな勢いを感じます。
ですが、だいたい僕が注目するヒト・コト・モノというのは、

ピークや、やや下り坂にさしかかったときだったりするので、ちょっと自分に厄病神を感じてます。

申し訳ないですね、星野さん。
それにしても、35歳っていうのにもビビったな。立派なおじさん。


ちなみに、
少し前までは、大泉洋が流行っていて、
それで、「水曜どうでしょう」をみてました。


こうやって、誰かを深堀するというのは一つの趣味なのかもしれない。

それでは