読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

今やってる仕事の雰囲気

こんにちは。

 

バイに住みはじめて2カ月が経ちました。

アパートの部屋の前がゴミ捨て場から現れる、あの黒い物体を成敗するのが日課になっている、谷口です。

 

日本語のだんだんと流暢さが失われつつあるある谷口です。

ビジネスメールみたいな文章になっているかと思いますが、ご容赦いただけますと幸いです。

 

はい。 

この2カ月を乱暴にまとめると、『転機』であったように感じます。

もちろん、ドバイに転勤する時点で、十分な転機なのですが、

いろいろと考えさせられる材料を次から次へと与えられたのでした。

 そして、なんだか消化不良になったせいか、いろいろと更に考えすぎて、さらに消化不良になるという時期だったな、と思います。

 

しばらくは、取り付かれたように発信するつもりですので、いくらかだけでもよいので、お付き合いくださると幸いです。

 

 

3年目になり、2年と2カ月サラリーマンをしたということになりますが、

なんとなく、仕事というものの雰囲気はつかめてきたように思います。

3年目までに海外で働きたいと言っていたので、周りからみれば怖いくらい順調ですね。

ということで、常に、何かひっくり返るようなことがあるんじゃないかなと疑いながら生きています。塞翁が馬。

 

 

 

 

これで、あと残された人生のイベントは結婚をするかどうかですね()

 

そうですね。 

 

 

さて、こっちに来てからやっている仕事について、ご紹介します。 

 

 ・仕事の内容

Websiteをつくっています。

 ⇒制作ではなくて、営業としての窓口です。

 

デジタルサイネージのコンテンツのコンサルタントしてます。

 ⇒ドバイの営業(外国人)と日本の部署の間を取り持ってます。

 

VRをつかったコンテンツを作っています。

⇒これは、資料の翻訳をしているだけですけども。

 

盛りました。

メインは、資料作り。

時間とお金と情報を管理することが仕事ですね。

 

時間は、スケジュール。

お金は、見積と請求書。

情報は、議事録やら報告書やら、資料作り。

 

けっこうふつうです。

半分くらい英語が入ったりするだけで。

お客様と直接やり取りすることもありますが、それもしばしばくらいですね。

 

営業と制作の間みたいなことをしてて、

僕の仕事というのは、自分の提供している価値ってなんだろうと、考えてしまうことがあひります。

 

今までのように……といっても、毎年違うか。

仕事をとってくるよりも、取ってきた仕事をどう回すとか、

仕事をとるための準備や条件を整えることが仕事だったりします。

 

それにしても、Website、デジタルサイネージ、VRと、

ずいぶんとITっぽくなってきました。

いや、パソコンのことはちょっと、みたいなことを言ってた頃とは全然ちゃいますね。

一瞬、上から語りかけましたが、実際はわからなすぎてお勉強の毎日です。

 

もろもろの仕事を通して、この頃働いてて思うのは、

ただ、仕事をこなしている、ゆとりを感じる人と、どう向き合うかですね。

 

努力、向上心、改善意識、思考、時間効率、意義、みたいな、

うまく言えないけど、そこらへんに対する職業意識みたいなものがある人とない人で仕事の質がまったく違うなと思います。

 

長時間働くべしとか、そういうのではないし、気を抜く時間とかも必要だと思うけど、

情報を右から左に流しているだけだったり、手を抜いていて、自分にしわ寄せが来ているような気がすることがあるので、なんとかしたいなって感じです。

 

ほら、仕事はさ、みんなで協力しあうものですから、当然なのですが、

 

愚痴やんけ。

己のイングリッシュで、ロジカルシンキング、あんど、スピーキングができてない至らなさやな。

 

別に定時ですぱっと帰る人でも、尊敬できる人はいるし、いや、そっちの方が好きかな。

 

最近は、そんな感じです。

それでは