インダストリー4.0の記事をあさって、なんとなく考えたこと

なぜか時間をもて余していたので、インダストリー4.0ってやつを調べてみました。
IOTってやつです。

ビジネス用語ってサラリーマンとウーマンに広まるようにカッコいい響きですよね。
けっこう使ってればそれっぽいけど、思考停止を招きがち。

それっぽいってかなり口癖ですね。

インダストリー4.0ってググって記事を数本読んだだけです。

いろんなものとインターネットをつなげて、データを計測して分析して、生産性上げていこうぜって話ですよね?


IoTの成長分野はスマート工場、医療、小売 - 次世代工場 - 日経テクノロジーオンライン
※日経の会員登録が必要です。
第1にファクトリーオートメーション、第2に医療、第3に小売に波及していくというような話が印象的でした。


IOTとは、直接関係ないですが、小売について着想したことがあります。

先日、秋葉原にある家電量販店にいったのですが、気にある製品の現物をみて、
Amazonで決済しました。何かこの買い方を言い表すことばありましたよね?

なぜ、環境破壊の進む熱帯雨林の地域で、決済したかというと、
そちらの方が安かったからです。

また、ポイントカードがどうのこうの、っていうやり取りがめんどくさかったからです。
あまり多数派な意見ではないと思いますが、僕の中では、ポイントカードを貯めて得する価値よりも、財布の中がすっきりしていることの価値の方が高いです。

そういう僕のような人間は少なからずいると思うので、
そのうちレジが存在しない小売店も現れるのではないでしょうか。

まあ、ネット通販はそうやけど、
あくまで、実店舗が存在して、今の小売店とは違った価値の提供の仕方をする家電量販店が出てきてほしいですね。

っていうか、もっと店員に僕が質問しろって話ですけどね。


今した話と、IOTがうまく結びつくまで考えられなかったのですが、今日はこんなところです。




いや、まあ、日本経済新聞に毒されていますね。
テレ東にもずいぶんとお世話になっていますし。


結局、人間の思考なんて、どんな情報に触れたかで決まってくるという持論をもっているので、
できるだけ、いろんな情報に触れたいとは思っていますが、だいたいが経済的だったり、政治的だったりします。

硬い情報ですね。

最近は、先取りした情報はコンサルや高級雑誌に載っているという構造が世の中にあるということに気づいたので、そこらへんを攻めていきたいなと思ってます。

こういうのとか。役員が読んでたような。
日経トップリーダーonline | 総合トップ


それではおやすみなさいませ。