和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

安静の大獄

毎日のように日記を書けることは素晴らしいことだなあ、と思いながら今日も書かせていただきます。
そういえば、ネパールの地震のために寄付をいたしました。

今までは、巨大な地震というのは、頻繁に起きるので、毎回寄付をしないとフェアではないのではないか。あるいは、金銭を託した団体が自分の寄付をきちんと現地に届けるかどうかわからない。

などと、疑問点がありましたが、今回からできるだけ、そのようなことが起きたときは、しようかなと思います。

善意につけ込む人・組織かどうかは、今後も気をつけたいとは思います。



さて、病気ではないですが、なんだか体調がすぐれない一日になりました。

しんどくて、外出する気力がありませんでした。
テレビをみることも、本も読むこともしんどかったです。
おそらくですが、今月はずっとインプットをし続けていたせいで頭の容量がついて行かなくなったのかな、と思います。

これは、個人的な感覚で、もしかしたら、思い込みで疲れている可能性もありますが……


夕方になって、ようやく落ち着いてきました。
何もしないで体調が回復するのを待つというのはなかなか難しいことだな、と改めて感じました。
人や情報が行き交うので、ただ立ち止まっていることを許さない気質の社会ですので。

どうやら体調の感覚は人によって違いますが、僕は強い方ではないようです。
仕事では夕方には疲れてきますし、アフターファイブで(言いたいだけ)人とたくさん会うことを繰り返していると、しばらく人と会わない日を作らないと体調をこわしてしまいますし。

休日を楽しく過すより、月曜日からの仕事にむけて安静をすることもあります。
平日は、厳然として、仕事が存在します。なので、そこでのきちんと安定して仕事をこなしたいので、あまり無理をしないようにしています。

そんな人生楽しいか?とは時々自分でも思いますが、
毎日の体調に気を遣うのは、プロ野球選手みたいなので、ある意味ストイックにふるまう自分に酔いながらやっているところはあります。

そりゃ、たまに無理をして、騒ぐことはあります。ですが、疲れたまま生きるということは、本当に僕にとっては苦行なので、できるだけ無理はしません。


さて、晩飯でも食べますか。
今日も、カレーです。

それでは