読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山なんとかしちゃらなあかん

和歌山を大いに盛り上げるためのブログです。

ファッション感覚で寄付をはじめた話

こんにちは。

 
「ファッション感覚」と書きましたが、寄付するからには僕にも何かしら思うところはありますが、
 
そんな意気込んだことを聞いたって面白くないです。だから、社会に役に立ってる自分カッコいいとか思ってます、とか書いてみることにしました。
 
寄付とかボランティアとか、社会的に、なんとなく触れにくいところがあるので、あえて書いてみました。なんで、寄付してますって言いにくいんですかね?
 
そういう美徳なようなものは黙ってやるべきものなのでしょうか?日本人らしさとして。
 
ここはもう少し考えてみたいことですが、今はおいときます。私としては「あの人もやってるなら面白そうだし、自分もしてみようかしら」というふうに、流行りみたいに寄付に対するイメージ変わったらいいな、とかちょっと思いました。
 
そういえば、一時期、日本では、募金をしなければ、人でなしみたいな雰囲気がありましたが、僕はその当時、その圧力がどうしても気に入らなかったため、募金は1円もできませんでした。
 
なので、僕は人でなしです。(笑)
 
ですが、今回、わたくしは、
BEAMSの服買ったとか、GUCCIの財布を買ったとか、セカオワのライブに行ったとかの感覚で、要するに消費行動の選択の一つとして寄付をしてみました。
 
世の中にはいろんなお金の使い方があります。
 
タバコや女(キャバクラとか風俗とか)に金を多く使う人がいますが、その人たちの感覚は同じようにつかってみないとわからないものだと思います。
 
まあ、そこらへんは今のところお金は投じてみようと思いませんが、もっと今までしてこなかった使い方に挑戦したいです。
 
次は、株にでも、手を出してみようと思います。
 
おしまい