Googleの音声入力でブログ書いてみた。

どうもこれ google の音声入力で書いております  この頭の中で内容を整理しながら話さないといけないのでなかなかこれはすごい少しですね 結婚ブログを書くという行為は目を 使い続けるところがあって結構疲れるんですよねだから今一回戦入力を試しているんですけどもまあ改行とかできない子微妙に誤字脱字があって結構難しいんですよね せっかくだから訂正もしないでそのままの気をと思います句読点 句読点じゃなかった東店 なかなか改行されないですね改行じゃなかった 句読点がうまくはまらない まというように口みたいに噛んだり止まったり頭の話すのが苦手な人には結構向いていないということがよくわかりますね 試してみて結構楽しかったので次回はもう少し改行とかして読みやすくしたものをアップロードしたいと思いますありがとうございましたそれでは

学生のときにやった活動は仕事で役に立ちますか?

 

どうも。

 

学生といっしょに活動していて、
聞かれた質問です。

正直なところ、経験そのものは、
あまりに役に立ちませんでした。


(僕にとっては)というカッコつきがよいでしょう。

 

ええと、一般的にいうと、


弁護士になりたい人が、法律を勉強したら役に立つ。


プログラマーになりたい人が、コードを勉強したら役に立つ。


逃げるは恥だが、役に立つ。

ここらへんは想像は難くないでしょう。


ですが、
ここでは、文系の人間が、


イベントを企画するなり、

インターンなり、

ボランティアをするなり、
石田三成、した場合を想定しています。

それらの経験は、直接的に役に立つのでしょうか?


イベントやってたら、イベント屋にならない限り、
インターンをしてたら、インターン屋にならない限り、
ボランティアしてたら、ボランティ屋…?

いやいや。

ごめんなさい。インターン屋ってなんやねんって話ですよね。

そうです。役に立ちません。
学生時代の経験は。
多くの場合は。

イベントを企画する経験があると、

 

「仕事」とは別に、飲み会を企画する必要があれば、役に立つ。そんな程度のものです。


ということで、

 

「学生のときにやった活動の経験は仕事で役に立ちますか?」


の答えに対しては、

「直接的には役に立たない」


ということになります。

では、意味がないのでしょうか?

意味はがないことないです。
ないことはないこともない。
困りましたね。


ええと、

「無駄ではない」


ということになります。


「無駄ではない」とは、どういうことか。

 

わかりやすくは役に立たないが、
いざという時に役に立つ。


たとえば、
次のような点で

・人間関係

・人を見る目を養う



説明しますね。

人間関係


学生時代につくった人間関係は、
今の仕事には役には立ってないです。
僕の場合は。

ですが、大阪や東京と転勤を経験したのですが、その先々で、友人がいたのは、非常に大きかったです。

何かあったら、話を聞いてくれる人がいるというのは、すごく救われます。

会社の中での自分以外の人格を認めてもらわないと、気が狂ってしまう状況になることがあるからです。

しかも、社会人になってから、友達をつくるというのは、よほど社交的で、時間にゆとりがないとしんどいです。

活動をしていなくても、友人はつくれますが、ある程度、腹を割ってはなした人間でないと、なんとなくつながっていた友人は消えていきます。

そういう意味では活動をしていたことは、
「無駄ではないです」


人を見る目を養う

活動をしていると、
「人を見る目」が養われる。


普段は、仲良くしていて、
「みんないい人」って思ってても、
うまくいかないことがあると、

お金に汚い人、
ピンチになると逃げる人、
口だけで実行しない人、

が現れます。
人間の弱さが出ます。
その一方で、

本当に性格がいい人、
厳しいけど現実を踏まえた判断ができる人、
口数は少なくともやり抜く人、

が出会うこともあります。
こういう人は、本当に信頼してます。

そして、いろんな活動を通して、
直感的に、信用できるか、できないか、わかるようになりました。

これが仕事上のスキルとしては役には立ちません。

が、
信用できない人には、事前に、防衛策を練ることもできますし、
信用できる人には、相談したり、ついていったり。

 

仕事上は目には見えてこない、せめぎ合いの部分で、

無駄ではない。


「いざという時に役に立ちます」


 

ということで、

「学生のときにやった活動の経験は仕事で役に立ちますか?」

という質問への回答は、

「直接的には役に立たないが、無駄ではない。いざという時に役に立つ」

ということになります。

我ながら、回りくどい答えになりました。
それでは

いったん、更新頻度を減らしてみます。

どうも。

ブログ、3日ぶりです。

海外旅行をしていたということもあるのですが、
ちょっとブログを書くこと自体について考えていました。

昨年、11月くらいから、ほとんど毎日更新してきました。
毎日書くのは、やろうと思えば、できました。
毎日こんなこと考えてたんだな、と振り返ると面白いです。

一方で、
毎日書いていると、義務になってきます。
正直、読む側視点だと面白くないのもあります。


ということを、考えていました。


ちょうど、最近は、毎日更新する派のブロガーさん達の勢いがなくなってきた感じもある。


だから、
薄く浅い内容を大量に執筆するよりも、
クオリティを重視した方がいいかなと。

ちょうど、村上春樹のエッセイを読んでて、
「書きたいときに書けばいい」
みたいな記述をみたので、そうさせてもらいます笑

(自己正当化かよ)
(他人に影響されやすいな)

心の反論がきこえてきました。

すこし、ブログの書き方とか、運営の仕方とかを考えるために、
頻度を減らしながら、いろいろ試してみようと思います。

2日か3日に1回とか、
1週間に1回とか、
毎週金曜に3記事書くとか。

でも、意外にね、読んでくれている人たちもいるので、
やめるのはもったいないと思うので、
やめることはないです。

というお知らせでした。

それでは

死ぬまでにやりたいことっていうけれど、

今回のアメリカ旅行。

「死ぬまでにやりたいこと」

ではあった。


どうも熱が入らない。


やりたいことではある。
やらなかったら、死ぬときにやっとけばよかったなとは思う。
でも、それほど感動しなかった。
 
だから、
 
「死ぬまでにやりたい」って言葉は、
けっこう暴力的だと思いました。

思ったのは、
僕にとって、
死ぬまでにやってはみたいことはあるけど、
 
「死ぬまでに絶対にこれをやる」っていうのはないんだなと思いました。
アメリカにくる前から、うすうすは感じていました。
が来てから、初めて、確信しました。
なので、早いですが、帰ります。

いい勉強になりました。
高い買い物でした。

次アメリカにくるときは、
誰かと一緒とか、
国連の人から招待されたとか、(たぶんない)
シリコンバレーの企業からヘッドハントされたとか、(絶対ない)

自分の外からの理由がある場合のみ、来ます。


今は、
祖父母に話を聞いたりとか、
本読んだり、映画見たりとか、
和歌山のために何かしらの活動とか、

そういうことの方が楽しいし、
そういうことをしたいですね。

それでは
 
 
 

5分間だけでも、何も手をつけないで休憩するってすごく大事

どうも。

ぼくは、非常に落ち着きのない性格で、
常に何かをしていないと、気がすみません。


本を読んだり、
映画をみたり、
プロジェクトの作業をしたり、
じいちゃん、ばあちゃんとしゃっべたり、

何かと活動しています。


ちょっと休憩した方がいいのはわかっています。
が、休憩をはじめて途端、

スマホに手が伸びます。
そしてLINEの返信したり、
FacebookやTwitterをついついみてしまいます。


f:id:tannyday:20170208170739p:plain



結局、脳が休まらないのです。
休憩の仕方が下手なのです。

なので、
最近は、
5分間タイマーをセットして、
完全に抜け殻になります。


f:id:tannyday:20170208171014p:plain



5分間だけ。
これだけでも、スッキリします。
追加で、5分とかしますけど笑


コツはベットでは寝ないこと。
寝ると、そのまま3時間とか起きれないです笑

いずれにしても、

ちゃんと休憩をとった方が、
そのあとの作業も効率的だし、
メッセージの返信も丁寧できるし、

そういう効率よく成果を出せるように、
いろいろ考えるのって好きなんですよね。

こういう休憩をとる方が、かえって効率がいいとか、
多少ムダなことをした方が、かえって人生もうまくいくとか、
そういう話大好きですね。

ええ。
今日は、そんなところです。


サンフランシスコからでした。

アメリカにいってきます。

どうも。

 


MAKE AMERICA GREAT AGAIN

 

今日から、2週間ほど、
アメリカに行ってきます。
今をときめくアメリカ笑

それぞれ1週間ほど、
シリコンバレーとブルックリンに滞在します。

海外旅行はよくいきます。
が、
アメリカに行くのは、はじめて。


旅行先としては、
あまりにもメジャーなところ。
マイナーなところな好きな私は、
なんとなくアメリカを避けていました笑

 

ワクワクしなくなった海外旅行

 

昨日の夜、寝る時、
ぜんぜん、ワクワクしませんでした。
おどろくほどに。

今や、どこの国にいっても、
都会の雰囲気はある程度想像がつきます。

地下鉄があり、
いろんな外国人がおり、
グローバル企業が店をかまえ、

マクド、ケンタッキー、サブウェイ、スタバ、
トヨタ、日産、フォルクスワーゲン、ベンツ 
サムスンやLGの液晶テレビ
iOSやAndroidのスマホ

があります。

ワクワクしないんですよね。
不安にならないとも言えますが。


でも、まあ
1週間くらい、じっくり滞在して、
都市のその土地らしさや雰囲気を味わえたらなあ、と思います。

最近は、観光地を回る、名物を食べるのもいいですけど、

ゆったり過ごしながら、気が向いたら外出する

みたいな旅のスタンスになりました。
ある意味とても贅沢なことなんですけどね。

ゆったり過ごすのを、
ちょっとそれらしい言い回しをしますと、
執筆活動に専念します笑

それでは


NOUKA NO MUSUKO

どうも。

農家してきました。

おじいちゃん家の畑で、
はっさくをつくっています。

f:id:tannyday:20170205205423j:plain


和歌山は、はっさくの生産量が日本一です。(ドヤッ)
でも、一年ではっさく食べる機会って、
そんなないような笑


この日した作業は、
出荷のための仕分け作業です。

二つの基準があります。
 
まずは、大きさ。
大きさで選別していきます。

うちでは、
Mサイズの穴より大きいものだけが出荷対象。

f:id:tannyday:20170205205856j:plain

 
そして、
サイズの小さいもの、(ジュースになります)
傷がついているもの、(ジュースになります)
腐っているもの、(捨てられます)

を取り除きます。

f:id:tannyday:20170205205923p:plain

 


そうやって、選別したものを並べると、

f:id:tannyday:20170205210829j:plain


コンテナ、90箱ほどに。
 
個数にすると、
だいたいこんな感じです。

収穫量:6000コ

出荷用:5400コ
ジュース用:500コ
廃棄:100コ
 
なんとなく聞いた話だと、
出荷用は、一個30円にもならないようです。

そんで、ジュース用はコンテナ1個で100円くらいです。


だいたい売上を計算すると、
 
出荷用:108,000 円(1個20円で計算)
ジュース用:800円

なので、11万円くらいです。
なんたる微々たる収入です。


畑を放置するのも、もったないので、つくってます。

自分が農家だったことに驚きでした。
三代目 NOUKA NO MUSUKO

おじいちゃん家では、ほかにも、
ばあちゃんがやってるだけど、
ネギ、キャベツ、白菜、大根をつくってます。

農家って他人ごとだったのですが、
むしろ、農家の側でした笑


ゆくゆくは自分がやるとなると、
いろいろと考えさせられました。

そんな零細兼業農家の、実態でした。
それでは